おかもと接骨院 龍ヶ崎市 接骨院 鍼灸 交通事故 むちうち 猫背矯正

ホーム> 鍼灸ページ

 鍼について

 髪の毛ほどの非常に細い専用の鍼を使い経穴(ツボ)を刺激して、気の流れや血液の循環を改善し、誰でも持っている自然治癒力を高めます。
 一般的には、肩こり・腰痛といった痛みやコリの治療と言うイメージが有りますが、各種内科疾患にも効果のある治療法です。
 初めて治療される方は「痛い」「怖い」と思われているようですが、実際治療されると痛みはなく、むしろ心地よさを実感していただけると思います。
 当院ではディスポーサブル(使い捨て)鍼を使用しています。


 お灸について

 現在では、大きな火傷の痕を残すようなお灸はあまり行われていません。
 灸治療で使う艾(もぐさ)の原料は、皆さまもよく知っているヨモギです。ヨモギの葉の裏にある柔らかな細かい毛を乾燥させて艾(もぐさ)を作り出します。
 一般的なお灸の大きさは米粒大、または米粒の半分の大きさです。“熱い”と言うよりは、少しチクッと感じる程度です。
 お灸の大きさや、お灸をすえる回数で刺激量を調節します。
 当院では主として知熱灸、温灸という比較的刺激の弱い灸治療をメインとしています。

 鍼灸Q&A

 鍼って痛い?
 使用している鍼はしなやかで、髪の毛程度の細さなので、痛みはほとんどありません。実際の施術後、患者様に聞いても皆様「ほとんど痛みは無かった!」更には「むしろ気持ちよかった」という感想がほとんどです。おためしで鍼治療を体験する事も可能なので、是非、一度体感してください。


 鍼は衛生的なの?
 当院で使用している鍼は、滅菌され個別包装されたディスポーサブル(使い捨て)の鍼を使用しています。使う時に初めて包装から取り出し、1度使用した鍼は破棄します。そのため、感染症等の心配はありません。


 どんな人が鍼灸治療した方が良い?
 ギックリ腰や捻挫などの急性の怪我、慢性的な肩こり・腰痛はもちろん、長年の頭痛、首の痛み、自律神経失調症やストレス、疲労回復、冷えやむくみ等、外科内科問わず、様々な症状に効果が期待されます。「こんな症状にもどうかな?」と思ったら、気軽にご相談ください。

 妊娠中でも鍼灸治療を受けても大丈夫?
 鍼灸治療は薬を使用しないので、妊娠中でも問題なく受けることが出来ます。薬を使わないので、副作用の心配もありません。そのため、妊娠中の女性を始め、投薬治療が出来ない方にオススメの治療です。更に、鍼灸治療はつわりの緩和や不妊、逆子にも効果があるとされています。ただし、妊娠中またはその可能性がある方は治療前に必ずお伝えください。

 鍼灸治療はどのくらい時間かかるの?
 症状と患者様に合わせた治療方法にもよりますが、鍼もお灸もそれそれ1部位だいたい10〜15分くらいです。

 どのくらいの頻度で鍼灸治療を受ければ良いの?
 これも症状によりますが、基本的に最低限週1回はやった方が良いと思います。毎日やっても問題は無いので、やればやるほど症状軽減の近道と考えて下さい。ただ、人によっては1回で良くなる方もいらっしゃいますので、ぜひ、まずは1回鍼灸治療を受けてみてください。

 鍼とお灸、どっちをやった方が良いの?
 結論から言うと、どっちもです。鍼で直接筋肉を刺激することができ、お灸は自律神経系にアプローチしリラックスする効果を出すことができ、この鍼とお灸を組み合わせるとによって相乗効果が生まれ、より高い効果が得られます。更に、鍼灸で全身にある経穴(ツボ)を刺激することにより、経穴(ツボ)それぞれの独自の効果を得ることができます。

 置き鍼(円皮鍼)って何?
 医療用のシールに安全性の高い小さな鍼がついている治療用鍼です。継続的に微弱な鍼刺激を与えることにより、通常の鍼灸治療の効果をより高めます。特になかなか来られない方にオススメです!

 どんな服装で行った方が良い?
 どんな服装でも大丈夫です。当院でお着替えを用意してあるので、お気になさらずご来院ください。特に女性は基本的に施術する部位のみ出す形になるので、裸になることもありませんので、ご安心ください。

 鍼灸治療は保険を使えるの?
 鍼灸は保険も適応できます。鍼灸治療を保険適応させる場合は、まず、患者様には当院へご来院していただきます。そして問診をとり、当院でその医師への鍼灸保険のご依頼状を作成します。(ご依頼状の作成には1〜2日かかります)そのご依頼状をかかりつけの病院もしくは当院と提携している病院へ持っていただき、医師の同意書がいただければ鍼灸保険の適応になります。

▲ページトップに戻る